U-Maskのテスト詳細

U-Maskは真の技術革命です。

U-Mask Model 2.2

U-Maskはヨーロッパ諸国では

クラス1、タイプ2R MD(医療機器)に分類されています。
ヨーロッパ諸国以外の国では

一般用マスクとして販売しております。

 

U-Mask Model 2.2はPPE

(個人防護具)として認定されていません。

U-Mask Model 3

U-Mask Model 3は、FFP2 R Dに

分類されています。EN 149:2001 + A1:2009に準拠したカテゴリIIIの再使用型のPPE

(個人防護具)です。

 

U-Mask Model 3は、医療機器

として認定されていません。

U-Mask Model 2.2

 
​検査
検査の目的
検査方法
結果

細菌濾過効率(BFE)

イン→アウト(%)

マスクの内側から外側への、細菌の侵入に対するマスク材料の耐性の測定。

UNI EN 14683:2019

99,89 %

通気性(Pa / cm ^ 2)

マスクの通気性を測定することを目的としています。

UNI EN 14683:2019

57,8 Pa/cm^2

バイオバーデン

(UCF / g)

マスクまたはパッケージに微生物が存在しないことの評価。

UNI EN 14683:2019

7,3 CFU/g

スプラッシュ・テスト(kPa)

血液または合成液体の浸透に対するマスクの耐性の測定。

UNI EN 14683:2019

合格

生体適合性および毒性レポート(Biolayer)

マスクの材料によって副作用(アレルギー、赤み、炎症、毒性など)がないかどうかの確認。

ISO 10993-1:2018

合格

細菌濾過効率(BFE)

アウト→イン(%)

マスクの外側から内側への細菌の侵入に対するマスク材料の耐性の測定。

UNI EN 14683:2019

99,88 %

粒子濾過効率(PFE)(%)

サブミクロンレベルでのマスクの濾過効率の測定。

ASTM F2299 / F2299M

98.50 %

バイオレイヤーの

抗ウイルス性(Human Coronavirus 229E)

ウイルスの接種および接触後の抗ウイルス未処理の製品と抗ウイルス処理製品に見られるウイルスの感染力の違いを述べています。

ISO 18184:2013

99.90%

バイオレイヤーの

抗菌性(黄色ブドウ

球菌と肺炎桿菌)

細菌の接種および接触後の抗菌性の未処理の製品と抗菌処理製品に見られる細菌の感染力の違いを述べています。

ISO 20743:2013

99.995 % と 99.959 %

バイオレイヤーでの老化後の抗菌性

黄色ブドウ球菌と

肺炎桿菌

老化現象の後の細菌の接種および接触後の抗菌性の未処理の製品と抗菌処理製品に見られる細菌の感染力の違いを述べています。

ISO 20743:2013

99.797 % と 99.861 %

200時間使用後の

細菌濾過効率

マスクの内側から外側への細菌の侵入に対するマスク材料の耐性の測定。 (200時間使用後)

UNI EN 14683:2019

99,89 %

200時間使用後の

通気性(Pa / cm ^ 2)

マスクの通気性を測定することを目的としています。 (200時間使用後)

UNI EN 14683:2019

43.4 Pa/cm^2

200時間の使用後の

スプラッシュ・テスト

(kPa)

血液または合成液体の浸透に対するマスクの耐性の測定。(200時間使用後)

UNI EN 14683:2019

合格

謝辞

EU Seal of Excellence

U-Mask Model TwoプロジェクトはCOVID-19提案の一つとして欧州委員会によって認識されました。

H2020-Seal-of-Excellence-2.png

U-Mask Model 3

EU-TYPE CONFORMITY CERTIFICATE – NORM EN149:2001 + A1:2009

EU-TYPE EXAMINATION CERTIFICATE – NORM EN149:2001 + A1:2009

U-mask model 3 tests summary.png